関学自動車部ブログ

全関ダートにむけて [日常;]

投稿日時:2018/03/25(日) 02:29

はじめの挨拶はどうすればいいんでしょうか…。


どうもこんにちは、そして初めまして。TRMT改め寺本です。

今回初めてブログを書くことになりました。本当はもっと早く書くべきだったのですが、前回作業中に「操作ミスで書きかけの記事をすべて吹っ飛ばす」という大ポカをやらかしてしまい、気が滅入っているうちに七日も経ってしまいました。時間が経つのは本当に早いですねぇ…。

おかげで記事のネタも一週間遅れのものになってしまいましたが、まあネタはネタでも寿司ネタじゃないので腐りやしません。仮にここで提供しても誰の腹が壊れる訳でもなし、ガップリ使っていこうとおもいます(笑)


さて、全関ジムカーナも乗り切った直後の活動日だった前回は、次のダートの試合に向けた車の整備と、ジムカーナでお世話になった車の調整をしました。複数の車を分担・協力して整備するのはなかなかどうして楽しいものです。確かに整備自体は面倒だったり大変だったりすることも多々ありますが、「仲間内で協力して何かをする」のが面白く感じられるのでしょうか。



白レビン


白レビン(大嘘)



まずはこちら、ダート専用(?)練習車の通称 “白レビン” です。

以前は赤色の同型車があり、二台を区別する意味で「赤レビン・白レビン」と呼んでいました。が、赤レビンが「修理不能・廃車」の判決を下され業者にドナドナされたとき、左右のフェンダー、バンパー、ボンネットなどの一部のパーツの移殖を受け、全体の3割ほどが赤いという珍妙な色合いになりました。にもかかわらず名前は相変わらず「白」なので、何ともややこしい。

上の写真を見れば、「何処が白か」と思いたくなることでしょう。写真の撮り方が絶望的に悪い所為でとても想像できませんが、実際にドアの付け根より後ろは白いんですよこの車…。

この車ですが、ステアリングの動きを伝える重要なパーツに問題があり、絶賛バラし中です。左右対称であるはずのタイロッドエンドというパーツが何故か左右非対称いう事態に。なお調べたところ、片方はレビンの純正パーツで、もう片方は純正ではないものの、同じくレビン用のパーツとのこと。
仮にも現役生として整備その他に関わっている身であるにもかかわらず曖昧な表現ばかりになってしまいましたが、なにぶん自分もあまり詳細が理解できていませんのでご了承くださいまし。(なお、「もうすぐ三回生になる、って自動車部員がそれでエエんかいっ!」というツッコミは受付終了となりました)


一応今のままでも「走行できない」ことはないのですが、走れるならいい!と放置する訳には当然いかず、ステアリングロッドそのものを下ろして交換してしまえ!とジャッキアップした…ところまでは良かったのですが、他の足回りのパーツやエンジンが邪魔で取り外しの作業そのものが難航。手が入らない、工具が動かせないとトラブルが頻発。

しかしながら、ひとまず障壁となりうるパーツたちの取り外しには成功しました。いやぁ~、大勢の力ってやっぱり凄いですね!取り合えずこの日は目的の部品を取り外すまであと一歩!というところまで漕ぎつけました。選考や練習には間に合うように、全身全霊で取り組みたいと思います!



白インテ


KGACのメイン車両と言えばコレです!



続いてはコチラ、ジムカーナでお世話になった車両の調整です。

全関ジムカーナの試合の最中何かがショートしてしまい、その所為かラジエータの冷却ファンを回すことが出来なくなってしまっていたので、そのあたりのチェックが主な作業でした。

当時パドックではどこがショートしたかまでは判断出来ませんでしたが、もしもファンのモーターがやられていたら少々厄介なことに…。

という訳で確認のためにファンを取り外し、別のバッテリーに繋いでみました。その結果…



やったぜ。

小気味のいい音と共に回るファン。どうやらモーターはご無事な模様。これなら配線をきちんとすれば大丈夫です!

ファンが壊れていないことが分かったので、次にラジエータのエア抜き。エンジンを回しつつクーラントを補充してあげればOK。


それにしても、クーラントって本当にすごい色してますよね~。なお「漏れた個所を特定しやすくするために鮮やかに着色している」という事実を知ったのは極最近だったりします。





全関ダートの試合があるのは4月の末ですが、うかうかしていると時間なんてあっという間に過ぎてしまいます。それまでにやらなければならない事はまだまだありますが、逐次こなしていきたいと思います!

コメント

名前:
メールアドレス:
コメント:
ファイル
パスワード:

トラックバック一覧

<< 2018年7月  >>

Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

この記事を書いたメンバー